ベランダ菜園

【ベランダで家庭菜園・プチ自給自足生活】モロヘイヤの育て方

モロヘイヤは、アラビア語で「王様のもの」という意味を持っています。

古代エジプトの王様が、モロヘイヤのスープを飲んで病気を治したことに由来していて、「王家の野菜」ともいわれます。この伝説からも、栄養価が高いことがよくわかります。

刻むと粘りがでるのが特徴で、このネバネバ、見るからに底知れぬパワーを秘めています。ご飯にのせて、だし醤油をたらり。これだけで、ご飯な何杯もいけてしまいそうです。

もう一つの特徴として、葉物野菜が苦手の真夏の暑さに強いことがあげられます。

害虫被害も少なく、繁殖量も強いので、夏から秋にかけて、長期間収穫し続けることができるのもうれしいポイントです。

基本情報

科名 シナノキ科
種のまき方 点まき(株間15cm・4点)
種まき期間 5月~6月
発芽適温 25℃~30℃
発芽日数 5日~6日
収穫期間 種まきから50日目~数ヶ月(10月頃まで収穫できます)
使用プランター 40型(4L)400×150×H140mm
追肥の必要 あり

育て方

準備するもの

・必要なもの

プランター 40型(4L)400×150×H140mm 以上の大きさ
鉢底石 排水性がよくなります ネット入りが使いやすくておすすめ
培養土 野菜用培養土 可燃ごみに出せるタイプが軽くておすすめ
ホームセンターや100均で購入可能
じょうろ 4L以上がおすすめ 折り畳み式の商品もあります
緩効性肥料 窒素・リン酸・カリウムの配合バランスがよいものがおすすめ

・あると便利なもの

ピンセット 間引きに使用します 100均のもので十分です
ハサミ 間引きや収穫、剪定で使用します 切れ味の良い園芸用がおすすめ
寒冷紗(かんれいしゃ) ネットのこと 害虫対策、朝晩冷え込む時期の防寒対策に使用します
ニームオイル 害虫対策に使用します 葉や土に栄養を与える効果もあります
液体肥料 即効性のある液体肥料が1本あると、作物の元気が無いときに重宝します 窒素・リン酸・カリウムの配合バランスがよいものがおすすめ

種まき

  1. プランターに鉢底石を敷き、培養土をいれます。
  2. 種まき前の培養土に水を含ませるために、じょうろで水やりをします。(鉢底がら水があふれるくらいたっぷり と)
  3. 点まきします。(株間15cm、各点4)
  4. 上から、追加で培養土を薄くかぶせ、手で軽く押さえてなじませましょう。
  5. ジョウロでたっぷりと水やりしましょう。
発芽にはたっぷりの水が必要になります。発芽までは、土の表面が乾くことのないように、毎日たっぷり水やりしましょう。
 

発芽

種まきから5日程度で発芽します。 発芽後の水やりは、土の表面がかわいたら、たっぷりとが基本となります。

【5日目】4粒まいたつもりが、5粒だったようです 5本の可愛い双葉

間引き

間引きは、株ごとに成長の差がでるので、一番成長のよいものを残すために2回に分けて行います。 ・1回目の間引き 双葉が展開し、本葉が2~3枚になったら2点にします。

【15日目】隣接しているので根元をハサミでカットします

・2回目(最終)の間引き 本葉が4~5枚になったら1点にします。  

間引きをする際は、残す株の根を傷つけないように注意が必要です。離れていれば、ピンセットでそっと抜き、隣接していたら、ハサミで株元を切り取りましょう。

追肥

最終間引きが終わった段階で追肥しましょう。この後は1か月に1回、追肥を行います。

  • 肥料は、プランターのふちにまきましょう。株元にまくと根腐れの原因となります。
  • 肥料に記載されている使用量厳守。過剰な肥料も根腐れの原因となります。

摘芯

苗丈が40cmになったら、先端から15cmの場所をハサミでカットします。 主茎(しゅけい)の頂芽(ちょうが)を摘芯することで、抑えられていたわき芽の成長を促し、収穫量を増やすことができます。

摘花(てきか)

9月に入ると、花が咲きます。 花に栄養が取られて、葉が固くなってしまうので、見つけたら、摘み取るようにしましょう。

収穫

ある程度、成長し、葉量が増えてからは、少しずつ、収穫することができます。   使う分だけ、葉を少しずつハサミでカットして収穫しましょう。10月まで収穫し続けることができます。

花が咲いた後、莢(さや)ができます。この莢にはストロファンチジンという有毒物質が含まれています。絶対に、口にしないよう気をつけましょう。特に、お子様がいるところは、触らないように注意が必要です。