プランターで家庭菜園。ベランダで楽々野菜作り!プランター1つあれば立派な「おうち畑」の出来上がり!一緒においしい野菜を育ててみませんか?

プランターでも簡単に野菜の収穫が出来ます

  • HOME »
  • プランターでも簡単に野菜の収穫が出来ます

手軽に野菜作りを楽しもう!

プランター栽培の醍醐味は、なんといってもベランダなど目の届く範囲で手軽に野菜作りを楽しるところです。畑がなくても、玄関の軒先など少しのスペースがあれば手軽に野菜作りに挑戦する事ができます。畑と比べて収穫量は少なくなりますが、採れたての野菜は何より新鮮!少しぐらい形が悪くても、虫に食べられていても、自分の手で育てた野菜の味は格別です。ニンジンやジャガイモの芽がどれほどかわいいか、キュウリが1日でどれほど成長するか、ナスの花がどんなにきれいか、毎日のいろいろな発見にワクワクしてみませんか?スーパーに行けば一年中ほとんどの野菜が手に入りますが、親子で観察しながら一緒に旬の野菜を育てるのもよいものですよ。

子供と一緒に家庭菜園

いろいろな野菜に挑戦できる

お店で売られている野菜と同じようなできのものを作るのはなかなか難しいと思いますが、基本的にはどんな野菜もプランターで栽培することができます。初心者でも作りやすいのは、種まきから収穫までの期間が短い、コマツナやホウレンソウなどの葉菜類やミニトマトやピーマン、エダマメといった比較的小型の果菜類です。プランター用に品種改良されたミニ野菜なども作りやすいでしょう。これらに限らず、どんな野菜がどのようにして育つのかを観察するのも、楽しみの1つですから、スイカやトウモロコシなど大型の果菜類にチャレンジしてみるのもいいでしょう。自分の手で育てた野菜で食卓を彩るなんて素敵ですよね。⇒ プランター菜園でも立派に育つ野菜

夏野菜のナス、トマト、キュウリ

冬野菜のコマツナ、カブ、チンゲンサイ、ミズナ

まずは植えてみましょう

タネ袋などに表示されている「栽培期間」は、プロの農家のように収穫量を上げたり、形の良い野菜を収穫したりする事を前提にし「最適期」に野菜を育てる為のものです。しかし、家庭菜園では「まずは育ててみよう」という姿勢が大事です。プランター栽培なら、まだ寒い時期や暑すぎる時期には、屋内に取り込んで栽培する事もできます。「まだ早い」「もう遅い」とあきらめてしまわずに、まずはタネをまいてみましょう。あまり手をかけたくない場合は苗から育ててみる事をおすすめします。苗なら必要な数、よく育ちそうな苗を選んで購入する事が出来ますし、間引きなどの面倒な作業を省く事ができるので比較的簡単に野菜を収穫する事が出来ます。⇒ 苗の選び方

ナスの苗を植え付け

コマツナの芽

大きく育てるならたっぷりの土で育てるのがコツ

畑では自然界の自浄作用が働いて土の環境を整えてくれますが、土の量が限られるプランターでは、酸欠になったり、乾燥したり、栄養不足になりやすくなります。そこで、プランターで野菜を上手に育てるには、大きなプランターを使い、たっぷりの土で育てる必要があります。1つのプランターには、欲張って密植せず、できるだけ株間をとって1株あたりの土の量を確保するようにしましょう。とくに、ミニトマトやナス、キュウリなどの果菜類やキャベツ、ハクサイなどの大きくなる葉菜類は、1つのプランターに1株が理想的です。1株以上作りたいときは、複数のプランターを用意するか、できるだけ大きなプランターで、ミニの品種を複数株作るとよいでしょう。しかしながら、プランターという限られたスペースで栽培する訳ですし、多少、形が不ぞろいでも、サイズが小さくても売るわけではないので、出来るだけ株数をたくさん育てて、より多くの収穫の喜びを得るというのも一つの手です。⇒ プランター選び

プランターの土

置き場所は日当たりを考えて

ほとんどの野菜は、日当たりの良い環境を好むため、プランターは6時間以上の日照時間がある場所に置くようにしましょう。半日陰はもちろん、部屋の窓際などに置くのはやめましょう。ガラス1枚隔てているだけで、紫外線の量が格段に減るからです。とくにトマト、ナス、ピーマン、トウモロコシなどの夏野菜は、強い日差しが必要です。また、病気や害虫の被害を防ぐためにも、風通しの良い場所に置きます。プランターを地面やベランダの床に直接置かない事もポイント。地面から病害虫が移ったり、熱がこもったり、通気性が悪くなります。ブロックや角材などを下に置き、地面や床から浮かせるようにしましょう。真夏はプランター内の温度の上昇にも注意が必要です。水を含んだ土が高温になると、根が腐りやすくなります。とはいえ、日陰に移すと葉に光が当たらなくなるので、風通しをよくしたり、ベランダの床にウッドパネルなどを敷いて、照り返しを防いだりするとよいでしょう。プランター菜園の良いところは季節や天候に合わせて日当たりの良い場所へプランターを移動する事が出来るところです。これからプランター菜園に挑戦する方は、朝、昼、夕方とお家のベランダを観察し、日当たりの良いところを選んでプランターの設置場所を決定すると良いでしょう。

カボチャの苗
次のページ ⇒ プランター菜園でも立派に育つ野菜
プランター選び土の準備苗の選び方水やり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

九州野菜をお取り寄せ

おすすめ資材

IMG_0624x

粒状培養土

さらさらで手もベランダの床も汚しにくい初心者にも扱いやすい土です。重たい土もネット購入なら玄関まで運んでくれるので楽々です。

51X-x-Ay7IL__SL500_AA300_

虫よけネット

葉物を育てるなら必須の虫よけネット。 第一ビニールの虫よけネットは設置も片づけも簡単。 値段もお手頃でベランダ菜園の強い味方です。

おすすめサイト

さいじょう緑化1

さいじょう緑化

苗のお取り寄せは6ポット以上というお店が多い中、さいじょう緑化さんなら1ポットから苗をお取り寄せする事が出来ます。苗の種類も豊富で鮮度も申し分ありません。